ブログかも。

物欲と断捨離のジレンマ…
最近のエントリー


カテゴリー

バックナンバー

関連キーワード
 


access counter
since 2006.11.19 15:00

<< コメントスパム | main | トラックバックキャンペーン [ザ・プレミアム・モルツとビール工場] >>

大人の社会見学【サントリー山崎蒸留所】


以前から行きたいと思っていたサントリー山崎蒸留所に行ってきましたジョギング


アクセス方法は、JR山崎駅から徒歩5分。
JR山崎へはJR大阪から快速で20分ぐらい、京都から普通又は快速で20分ぐらいです電車


駅を降りて蒸留所までの電信柱にはこんな看板が付いてます。
山崎周辺はちょっと古い町並みで良い感じですグッド



まず、こんな感じ。


見学ツアー待合所への入り口です温泉


待合所に到着するまでに博物館みたいになってます。
こちらは国産ウイスキー第一号ビール


左から響30年(105,000円)、響21年(21,000円)、響17年(10,500円)


たぶん、試験用に作られたウイスキーちゃんたちだと思われます。


ようやく見学開始。
こちらのタンクで麦汁を作ります。この段階ではビールを作る行程とさほど変わらないそうですビール


これらの蒸留器は一つ一つ形が違います。
形状によって香りや風味などが変わってくるそうですよ聞き耳を立てる
右下はガイドのお姉さん女


蒸留直後のウイスキー。ニューポットと言うそうです。
蒸留したてですので、まだ琥珀色ではなく、無色透明です。


お次は酒蔵。
すさまじい数のウイスキー樽が並んでます。
新しいものから、かなり年代モノまで。
例のウイスキーと同じぐらいのレベルのウイスキーがあるかも冷や汗


左の樽の方が古いんだそうです。
樽の色が沈着するため古いと色が濃くなり、樽から余分な水分が蒸発しますので量も減ります。
熟成の段階で量が減ることを「天使のわけまえ」と言うのだそうですラブ


これは噂のOWNERS CASKです。
1樽50万円から3000万円まで。



雑誌サライが1樽買ったそうですよ。


あぁ、これ( ゚Д゚)ホスィ


工場から出たら、桜が非常にキレイに咲いてました桜


本日の主役、「山崎」さんたち拍手
左から10年(4,200円)、12年(7,119円)、18年(21,000円)、25年(10,5000円)
7,8年前は山崎18年って18,000円ぐらいだったような…。


こんな感じで山崎12年、響17年を試飲させていただけます。
お酒が飲めない人はなっちゃんか伊右衛門をいただけるそうですホットコーヒー


まいうー(・e・)


試飲会場の外でも、他のウイスキーを激安価格で飲ませていただけます。
山崎10年100円て…汗


普段飲めないものをチョイス。
原酒とニューポット。
かなりきつかったっす悲しい


ガイドの方の話を聞いていると、ウイスキーはすごく手がかかり、芸術のようなモノだということが感じる事ができます。
行くと必ずウイスキーが好きになりますよ楽しい
是非、興味がある方は見学しに行ってみて下さい。


こちらのご優待券を持っていくと、ウイスキーグラスがもらえますグッド


書いた人 かも | comments(0) | trackbacks(0) |








コメント


コメントを投稿する














この記事のトラックバックURL

http://kamo.tblog.jp/trackback/83991
トラックバック




カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>



Link

Profile

QRコード